「笹川流れ」と「藻塩」(新潟県村上市)

笹川流れ1
ここは新潟県の日本海沿岸にある「笹川流れ」と呼ばれている場所です。
青い空とコバルトブルーの美しい海。

<スポンサードリンク>


全長11㎞。心が洗われる癒し系パワースポット


日本海の荒々しい波に削り取られた岩と透明度の高い青い海。見事なほど美しい景色です。

笹川流れ2
「鳥越山」から「狐崎」まで約11kmも続くこの美しい景色は、国の名勝天然記念物にも指定。

「眼鏡岩」や「びょうぶ岩」「ニタリ岩」「恐竜岩」「蓬莱山」など、様々な名前が付いた奇岩、絶壁、洞穴の数々が海岸線を次々と彩ります。
いやーーー、なんと言っも海の海の色のきれいなこと。
海岸に下りて、心地よい海風に吹かれていると、身体も心も浄化されること間違いなしです。

途中から曇り空になってはきましたが、それはそれでまた違う趣きが。

笹川流れ3
実は今回の目的地は山形県だったのですが、途中高速道路が「朝日まはろばインター」で途切れていたため、仕方なく高速を降りて日本海沿岸を走る国道345号線を走ることになり・・・・
で、出会ったのがこの景色。偶然に感謝ですね。最高の癒し系パワースポットでした。


<スポンサードリンク>

素敵なお店を発見!


この美しい景観を左手に眺めながら走っていくと、何やら気になるお店を発見。
白い壁に「藻塩」の文字。横に「Salt&Café」と書かれています。

笹川流れ「藻塩」1
せっかくなんでちょっと休憩がてらお寄りしました。

そこは昔ながらの製法で「藻塩」というお塩を作られているお店でした。

ここ笹川流れで採れた海藻(ホンダワラ)のエキスを海水に混ぜて、ゆっくりゆっくり時間をかけて煮出して作られるそうです。

カフェでは藻塩を使った「塩むすびセット」などの軽食がいただけますよ。
テラスで海を眺めながら・・・・最高です。

お店のご主人もとても気さくで優しい方でした。

特別に作業されている場所も見せてくださいましたよ。
笹川流れ「藻塩」2
今でも薪を焚かれているんですね。

めちゃくちゃ熱いです。(*-*)たいへん。

笹川流れ「藻塩」3
焦げやすい状態の釜に気を付けながら、ゆっくりゆっくり。

浮いてくる海水の灰汁を丁寧に取り除きながらじっくり煮込んでゆきます。

大量の薪でじっくり時間をかけて煮詰めると、海の恵みをいっぱいうけた塩の結晶が誕生。その塩の結晶をさらに、わらのツトに置くこと丸一日。で、えぐみのない美味しい潮ができ上がるのだそう。

ホントに手間をかけて出来上がる貴重なお塩です。

こちらがその「藻塩」です。

笹川流れ「藻塩」4
海藻のうまみが凝縮された、身体に優しいお塩って感じです。

このお塩でおにぎり。最高ですね。

こんなに手間がかかっているお塩ですが、そんなにむちゃくちゃ高くはないですよ。

写真の「藻塩」が550円。他にもいろいろあります。

自分用とお塩が大好きな知り合いのために、いくつか購入させていただきました。

素敵な出会いに感謝です。


<スポンサードリンク>

笹川流れアクセス情報


日本海東北道村上瀬波温泉ICから、国道345号線を北上し、約30分

笹川流れ塩公房
新潟県村上市脇川1008-1




駐車場  有り 無料

2017-08-22 | Posted in 東北のパワースポットNo Comments » 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連するパワースポットの記事

Comment





Comment



ご相談・カウンセリングをご希望なさる場合は以下のボタンより受け付けております。
相談お申込み