東京国立博物館で秘仏のパワーとつながろう(東京都上野)

東京国立博物館
秋晴れの今日、東京国立博物館へ行ってきました。

東京の中で一番強力なパワースポットは、ここ国立博物館だと私は思っています。
日本にいながら海外の秘宝と出会えたり、全国の国宝級の仏像と会える場所です。半端ないパワーです。


<スポンサードリンク>


9月13日~12月11日まで「櫟野寺の大観音とみほとけたち」が開催中


東京国立博物館平成の秘仏
9月13日から12月11日までの期間は、平成の秘仏「櫟野寺(らくやじ)の大観音とみほとけたち」という特別展が開催されています。

櫟野寺は滋賀県甲賀町にある天台宗のお寺です。
ご本尊は比叡山開祖の最澄上人が彫ったとされる十一面観音座像です。

今から1200年前、最澄上人が滋賀県のこの地を訪れた折、櫟(いちい)の巨木に霊夢を感じ一刀三礼のもと、自ら立木に観音像を刻まれたと伝えられています。
日本で最大級と云われている十一面観音座像で、その大きさは、台座・光背を合わせると5メートルを超えます。
どっしりとした重量感があり、実際に前に立つともっと大きく感じます。

この観音様、櫟野寺でも秘仏とされており、いつでも拝観できるわけではありません。
普段は扉の閉まった逗子の奥に安置されており、一年に数回のみ、特別開帳の時だけ拝観できるという貴重な仏様です。

櫟野寺にはこの十一面観音座像をはじめ、国の重要文化財に指定されている仏像が20体も伝わっています。
1000年の時を経て、今回初めてその全ての仏様が東京にて多くの人の前に姿を現されるのです。


パンフレットより

パンフレットより



実際にお会いして、その霊力の強さに驚きました。
展示室の中央に座していらっしゃる観音様の前に立っただけで、その強い霊力を浴びてくらくらするくらいでした。

思わず手を合わせずにはいられません。

うっすらと開いた瞳はゆっくりと、来る人来る人を眺めていらっしゃいます
(私にはそう見えましたが、怖がらなくてもいいですよ。その瞳の光はとてもお優しい輝きです)

なによりも驚いたのは、観音様の胸が大きく息をしているかのように上下に動くのです。
実際には動いていないはずですが(笑)

何度目を凝らしても動いています。

それに指のかすかな動き、まるで生きていらっしゃるかのようです。

あれだけの霊力ですので、少しでも霊感のある方は同じように感じることが出来るのではと思われます。

唇も、何かを語りかけるかのように動いていました。しかし、何をお話しなのかは聞き取ることが出来ません。

すると仏様が
「目を閉じて、わたしと二人で向かいあいなさい」と、そうおっしゃられたように感じました。
そこで、目を閉じて心を鎮めて、その場に仏様と二人だけの状態に自分自身をもってゆくと・・・・

仏様からこちらに向かって、何とも言えないパワーが、まるで水の波紋のように強く深く伝わってきます。

後になって、その日私が聞きたかった観音様からの答えとして、言葉となって自分の中に出てきました。ありがたいです。
本当に貴重な体験をさせていただきました。

<スポンサードリンク>

仏様と縁をつなぐためには


そんな仏様なのに、みなさん、ただその大きさに見惚れてだれも手を合わせる方がいらっしゃいません。
奈良の東大寺でも同じようなことを感じました。博物館ではまだしも、お寺に参拝されているはずの人々が、大仏の前で手を合わせる人はちらほらで、カメラのシャッターを押す人が大多数でした。

これだけの霊力のある仏様なのに、手を合わせてつながらないのは勿体ないです。手を合わせてそのお力にすがれば、いかなる人も助けようとされているのに。

神社やお寺では、手を合わせてちゃんと頼まないと、神様も仏様も手を出されません。おせっかいは絶対されないんです。
住所と名前を言って、「これこれこのようなことをお願いいたします」と伝える必要があります。

人と人でも、まずは自己紹介をしないと知り合いにはなれませんよね。ご縁を結びたいという意思表示をしなければお力はいただけませんよ。

東京国立博物館には、度々素晴らしいお力を持った仏像が展示されます。
ただの美術品として眺めるのではなく、人々を救済しようという念が込められた信仰の対象としての御仏として、謙虚な気持ちで手を合わせ、ご縁を結ばれてくださいね。


神社仏閣で、神様、仏様の強いパワーを受けると、その後は間違いなく強烈な眠気におそわれます。そういう時は逆らわずにしばらく寝ます。
特に今回はかなり強いパワーを受けたため、帰りの電車では完全に眠ってしまい、降りるはずの駅を乗り越してしまいました。(笑)

敏感な方は、博物館でも一度に巡るのではなく、テーマ別に分けて訪れたり、時々館内から外に出て一旦リセットするのも良いかもしれません。


今回はホントはもっと早くにお会いしたかったのですが、前評判もあり、公開されされた初日からものすごい人出。さすがに二の足を踏んでしまいました。
二か月以上たって、もうそろそろブーム(笑)も下火になったかなと、そう思って出掛けてみました。
平日だったこともありますが、思ったよりも少なかったですよ。

お会いするのは、来館者が少ない今頃がチャンスかもです。


<スポンサードリンク>

東京国立博物館アクセス情報

東京都台東区上野公園13-9



開館時間 9:30~17:00(入館は16:30まで)

休館日  月曜日(ただし月曜日が祝日または休日の場合は開館し、翌平日に休館)、年末年始(2015年12月24日~2016年1月1日)。ゴールデンウィーク期間とお盆期間中(8月13日~8月15日)は、原則として無休。

2016-11-24 | Posted in 関東のパワースポットNo Comments » 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連するパワースポットの記事

  • 草津温泉 光泉寺(群馬県草津市)草津温泉 光泉寺(群馬県草津市) 日本三名泉の一つ「草津温泉」です。 お湯の自然湧出量は日本一で、毎分32,300リットル以上、ドラム缶にして約23万本もの温泉が吹き出しているのだそうです。 […]
  • 三頭大滝(東京都檜原村)三頭大滝(東京都檜原村) 東京にある唯一の村「檜原村」の「三頭大滝」です。 東京では奥多摩が有名って感じですが、私は奥多摩のエネルギーよりも檜原村のエネルギーが好きかな。 面積の93%が森 […]
  • 榛名神社(群馬県高崎市)榛名神社(群馬県高崎市) 群馬県高崎市、榛名山中腹に建つ榛名(はるな)神社です。 今から1400年前に創建された古い歴史をもつ山岳信仰の霊場で、火の神・火産霊神と土の神・埴山姫神が祀られ […]
  • 神戸岩 / 大嶽神社(東京都檜原村)神戸岩 / 大嶽神社(東京都檜原村) 東京都で唯一の「村」として知られている檜原村(ひのはらむら)。村の93%を森林が占めるという東京都の秘境。 そんな檜原村に存在するといわれているパワースポット、「神戸岩 […]
  • 御岳昇仙峡(山梨県甲府市)御岳昇仙峡(山梨県甲府市) 山梨県の甲府市にある「御岳昇仙峡」です。 ここ数日、秋晴れの気持ち良い日が続いていますよね こんな日は家の中でじーーーっと・・・なんてしていられません(笑) […]
  • 上高地ー穂高神社奥宮(長野県安曇野市)上高地ー穂高神社奥宮(長野県安曇野市) 一度は訪れてみたいと思っていた長野県の上高地。一泊二日で行ってきました(^-^) 朝からとびっきりの快晴!! 真っ青な空に北アルプスの山々がくっきり浮かび上がって […]
Comment





Comment



ご相談・カウンセリングをご希望なさる場合は以下のボタンより受け付けております。
相談お申込み